テレワーク環境整備についてのセミナー

沖縄県内のコワーキングオーナー、インキュベート施設管理者、ホテル運営者、自治体向けに以下のリテラシー向上をはかる為にセミナーを開催した。

  1. コワーキングに必要な情報セキュリティ対策全般
  2. コワーキング運営に必要な営業力

開催概要

  • 日時:11月8日(金)14:00~16:00(開場13:30)
  • 場所:宜野湾ベイサイド情報センター2階
    プレゼンテーションルーム
  • 定員:30名程度
  • 参加費無料
  • 14:00~ 開会

    第1部

  • 14:05~ 「公衆Wi-Fiに必要なセキュリティ対策イロハ」
    サイバートラスト株式会社 セキュリティコンサルティング部
    情報セキュリティコンサルタント:山田 慎 氏

    第2部

  • 14:45~ 「コワーキング曼荼羅で学ぶこれからコワーキング運営」
    コワーキング協同組合 代表理事:伊藤 富雄 氏(カフーツ経営)       

    ※コワーキング曼荼羅(まんだら)とは:コワーキングを中心とした相対関係

     

参加者:17団体24名参加。アンケート回収18名

「公衆Wi-Fiに必要なセキュリティ対策イロハ」

印象に残った内容

  • Wi-Fiのセキュリティの重要さ

  • 第三者機関に診断してもらうことはとても重要

  • 環境の整備も重要だが、整備後のリスク対策・その維持と対策の更新が必要ということがとても理解できた

  • サイバーセキュリティガイドライン

  • セキュリティ対策に特化したルーターや、Wi-Fi強化の方法

  • セキュリティ対策の必要性、重要性、その対策

  • セキュリティの重要性

  • 個人情報を扱う会社として、情報の流出は怖いなと感じた。

  • 特に実際に起きた事例を出してくれたのが分かりやすかった

「コワーキング曼荼羅で学ぶこれからのコワーキング運営」

印象に残った内容

  • バリ島のOUTPOST等の事例、大変参考になった

  • 世界のコワーキング事情、コワーキング曼荼羅

  • 「Coliving」というワード

  • 曼荼羅図を見ながらの説明/海外の視野を取り入れること/奄美での話し

  • ローカルコミュニティありき!

  • 今後の沖縄の可能性に夢が広がった

  • コワーケーションの取り組みを進めたい

  • コワーキング=仕事/オフィスの概念があったが、様々な形のものがあることを学べた。スペースについても時間帯によって活用する事例を学べて大変参考になった

  • リモートワーク

  • コワーカーという概念が印象に残り、コワーキングのイメージが広がった。
    世界中からコワーカーが沖縄に来てくれるようになるといいと思う

  • コワーケーションの考え方や目指すべきコワーキングスペースの在り方など
    コワーケーション 日本と海外の違いが知れてよかった
    ワーケーションが世界中で流行していること

  • 全般!!!

  • ローカルコミュニティ活動があり、人が人を呼ぶ仕組み
    コワーキングの連携
    コワーキング曼荼羅!!

  • コワーキングの概念が変わった

  • コワーキングの可能性の高さ、魅力を感じました。
    沖縄にもコワーキングスペースが増えていって欲しい
    新しい世界観に感動した

テレワーク施設の環境・運営での課題はございますか

  • これから整備を検討中

  • 集客、必要としている方へ届ける方法

  • 今後、集客のためのイベントを開催予定。横展開について

  • 補助金の活用、事業化 沖縄の特性と公共性にどう関連/影響があるのか

  • セキュリティ/客層

  • 集客 

  • 集客につて検討していきたい

  • これからスタートするので、現在方向性を考えている
    すべてが課題

今後どのような内容のセミナーを希望しますか

  • 企業のテレワーク導入事例などを知りたい

  • 集客セミナー/情報交換会/コワーキングスペースめぐりツアー

  • 集客イベント、各地とのつながり作り

  • コワーキング関連

  • 集客に関するセミナー

  • コワーキングツアーの案内